社会福祉法人 すぎのこ福祉会 Web Site

すぎのこ保育園

食と環境へのこだわり

「食」へのこだわり

私たちは保育の大きな柱に「食」をあげています。
何よりも食事は子育て・保育そのものと思っているからです。食事についての考えを栄養士、調理師、保育士の先生も一致して父母のみなさんにも伝え、広がっています。食べることに関心を持ち安全で健康な体づくりをめざして、次の5点を大事にしながら食事・給食づくりをしています。

1.和食を大切に

挿し絵1昔から伝わる日本食は、米を中心に汁物、魚、煮物、豆類など、バランスのとれた内容になっています。
2.食品の安全性を考えて

挿し絵2無農薬・有機栽培の新鮮な食材を使うようにしています。調味料やだしも、無添加の物を使います。
3.精製度の低い食品を使って

挿し絵3精製してしまうと、せっかくの栄養分が失われてしまいます。米は胚芽米、小麦粉は全粒粉、パンも全粒粉を使用した物など、精製度の低い食品を使っています。
4.主食からおやつまで手作り完全給食を

挿し絵4主食は家庭から持参せず 完全給食を行います。午後のおやつも手作りで軽食的な物を用意しています。
5.生活を楽しんで

挿し絵5「食べたい」気持ちを育てるために、開放感や満足感が十分に味わえるようなあそびや生活を大切にしています。
食事写真

子供写真 「食べる意欲は生きる意欲」とも言われているとおり、食事は保育へ通じるものです。
与えられる物を食べるだけではなく、おなかがすいて自分から食事に向かうことを大切にしています。
又、安全で健康につながるものをえらび、食に関心を持てるような姿をめざしています。だからこそ、 独自の献立をたてて栄養士、調理師による手作り の完全給食をしています。

0才  手づかみの食事をくりかえして

●赤ちゃんが自分から食べようとする意欲につなげるために、手づかみで食べたり、両手で物を持つことで口と手の関係を知っていきます。
※離乳食は家庭と一緒に相談にのりながらゆっくり進めます。
0才

1才  かむ力を意識して

●モグモグかんで食べられるメニューや食品を大事にしています。

●父母ともこまめに連絡をとって一緒にかむことを意識していきます
1才

「おかわり」「いらない」といえる関係を大切に

●子どもの要求を受け入れ、子どもと大人が安心しあえる関係の中で「食べたい気持ち」を育てていきます。
おかわり・いらない

2才  手を十分使って注意深く

●ひとりひとりの気持ちや力に合わせて指を使ったり、道具を使って食べています。

●口の中でよりわけたり、道具を使って食べ分けながら注意深く食べる力も身につけます。

2才

食べる量をみんな同じに決めないで
食べる量1 ●年齢別の食事の量 の目安はありますが、やはり一人ひとり違うものです。
子どもの食べられる量こそその子の食事量なのです。
だからこそ子ども自身で考えて適量を考えていくのです。
食べる量2
自分で考えて好き嫌い

3・4・5才  楽しい雰囲気の中で

●家庭的な雰囲気の中での食事は、食をすすめ、友達関係も広げていくのです。

3.4.5才

おしゃべりも楽しむ

●友達とたっぷりとあそんだあとは、自然と会話も増えます。
みんなで一緒に食事を楽しみ会話もごちそうにしたいものです。

おすすめ上手に

●おすすめ上手な先生たちと一緒に食べることはみんなの団らんをつくります。


すぎのこ保育園 献立例(2005年 11月)

曜日
乳児
おやつ
主食
副食
午後おやつ

1日
15日

豆 乳
ビスケット

ごはん
さんまの塩焼き
さつまいもとじゃこの煮物
味噌汁

豆 乳  かぼちゃ団子

2日
16日

豆 乳
せんべい

ごはん
鶏肉の味噌照り焼き
大豆とひじきの煮物
けんちん汁

豆 乳  大学芋

4日
18日

豆 乳
ビスケット

五目うどん
納豆の天ぷら
昆布の煮物
豆 乳  せんべい
じゃがいもの胡麻味噌

7日
21日

豆 乳
せんべい

ゲンコツパン
きのこのグラタン
ブロッコリーのマヨネーズ添え
かぶのスープ

麦 茶  じゃこごはん

8日
22日

豆 乳
ビスケット

ごはん
ぶりの重ね煮
納豆和え 味噌汁
すいとん

9日
30日

豆 乳
せんべい

うどん
豆腐入り松風焼き
昆布の煮物
豆 乳 蒸しパン
ほうれん草とチーズの

10日

豆 乳
ビスケット

ごはん
鯖の竜田揚げ
酢の物 煮豆 味噌汁
牛 乳  豆乳のフレンチトースト

11日
25日

豆 乳
せんべい

カレーライス
ひじきのサラダ
豆 乳  干し芋  クラッカー

14日
28日

豆 乳
せんべい
ごはん
豚大根 お浸し 味噌汁
豆 乳  レーズンパン

17日
29日


豆 乳
ビスケット
しらすごはん
鮭の胡麻マヨネーズ焼き
れんこんのきんぴら 味噌汁
牛 乳  じゃこトースト

24日
〔誕生会〕

豆 乳
ビスケット
いなり寿司
筑前煮 清汁

牛 乳  ミートパイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


保育環境へのこだわり

私たちは、子供が「健康的に、安心して、そして安全に」生活できる環境作りに取り組んでいます。

1.家具へのこだわり

素材は無垢材です。接着剤を多用する合板は基本的に使いません。 接着剤を使用する際は、体に害の無い酢酸ビニル樹脂系の水溶性接着剤を使用します。 塗料は自然塗料です。乾燥後、乳児、幼児がなめても安全です。

現代社会において、私たちを取巻く環境は以前に比べて、環境ホルモンや VOC (揮発性有機物質)など危険な物質がたくさんあるということが最近わかるようになってきました。そんな中でこどもの家モモでは、子供が健康にそして安心して生活できるように、机やいすなどの家具の素材、塗料にまでこだわっています。

家具写真1 家具写真2 家具写真3
←この椅子は授乳(者)用の椅子ですが、自然の姿勢をとって授乳ができ、保育士にも子どもにも快適な椅子です。  

 

2.床暖房へのこだわり

    床暖房図特殊な床暖房システムを採用。電磁波障害の心配は一切ありませんし、空気の汚れも心配ありませんし、なにより安全なシステムです。

    私たちは、足元はポカポカ、頭はすっきり「頭寒足熱」の理想的な暖房環境を実現しています。しかも床暖房は、「ヒートポンプ式床暖房システム」を導入しています。通常の床暖房は、ガスなどの熱源で温水を作り、それを床面下の温水配管に送り込んだり、床に電気をながしたりしますが、「ヒートポンプ式床暖房システム」では、エアコンと兼用の室外機(ヒートポンプ)で作った温水を床面下の温水配管に送り込むのが大きな特徴です。電気を使わないので、電磁波に対する心配はありませんし、ガス・火も使わないので、空気の汚れもありませんし、なにより安全です。

3.洗剤へのこだわり

    安心して使えて、肌にやさしい「天然植物性」の洗剤を使っています。

最近「アトピー性皮膚炎」の方が増えているといわれています。様々な環境問題、食生活の変遷などいろいろな原因が唱えられています。そんな中でこどもの家モモでは、肌にやさしい、 ひまわり油、ホホバオイル、パーム油を原料にした天然ビタミン E 、天然ハーブエキス、緑茶エキスなどを配合した植物性製品のみを使用しています。もちろん、合成界面活性剤、合成酸化防止剤、防腐剤、着色料は一切使用していない製品ばかりなので、肌にやさしく安心な洗剤です。

    キッチンシャボン 粉石けん ハンドソープ シャンプー
    パックスナチュロン
    キッチンシャボン
    パックスナチュロン
    粉石けん
    パックスナチュロン
    泡状ポンプ式
    ハンドソープ
    パックスナチュロン
    泡状ポンプ式
    シャンプー

4. 水へのこだわり

浄水器

現在すぎのこの保育園水は、おいしくて健康に良い「アルカリイオン水」と健康管理を重視した「洗浄水」、「衛生水」です。

国内外の公的機関で高い評価と信頼を得ている「電解水生成器」を導入し、いつでも おいしくて健康に良い「アルカリイオン水」が使える環境を整えています。「アルカリ イオン水」効能は、カルシウムの摂取ができる、消化と栄養吸収を促進する、 「活性酸素」を除去する、などがあり健康に良いことは周知の事実です。私たちが導 入している「電解水生成器」は単にアルカリイオン水を作るだけではなく、油脂や動 物性たんぱく質を強力に分解する「洗浄水」、除菌効果の高い「衛生水」などの水を 作ることもでき、「飲み水」として、「洗浄水」として、こどもたちの健康と安全・安心をサ ポートしています。

5. 食器へのこだわり

すぎのこ保育園では創設以来こどもたちと職員が食事で使う食器は陶磁器と決めています。環境ホルモンが心配されるフタル酸エステルが使われている「プラスチック」製食器は一切使っていません。こどもの家モモ保育園でも調理室や保育士の協力を得て「食事には陶磁器」のモットーを守ります。

 

 

HOME | 法人| すぎのこ保育園 | こどものいえもも保育園 | 笹山保育園 | 六ツ川西保育園 | 古淵保育園 | e-mail
          (C) 2017 社会福祉法人すぎのこ福祉会