理事長挨拶

この保育園を愛し育て上げたみんなの輪の中に入ってみませんか

今年でとうとう8年目になりました。仕事を続けてこられたのもこの保育園がすばらしく、安心して預けられたからこそと、感謝の気持ちでいっぱいです。

8年間3人の子どもを産み育て、今なお働き続けるお母さんから届いた年賀状の一節です。子育てをしながら両親が働き続けるのは、昔も今も苦労の連続であることに変わりはありません。でもその同じ営みの中に、大きな安心と少しばかりの楽しみと、そして充実した喜びがあるとしたら、私たちの心は太陽に満ち、働き続ける勇気と子育てへの希望と力が湧いて来るはずです。

  • すぎのこ福祉会はそのような心を失わなかった保護者の想いと、その人々を温かく支え続けた保育士や職員たち、地域のみなさんの力によって作られ、ここまで歩んできました。
  • すぎのこ福祉会は多摩丘陵のふところから生まれ、川崎、横浜、相模原へと広がり、今も神奈川の水と土と緑とそして太陽とともに生き続けています。「自然に親しむ保育」は、すぎのこ福祉会のコンセプトです。
  • すぎのこ福祉会はアットホームで、楽しさいっぱい、喜びいっぱいの子どもたちが主人公となる「子どもの楽園」です。そして、子どもたちと保護者の心のふるさとを目指しています。
  • すぎのこ福祉会は他人のいたみがわかり合え、どんな子どもたちも差別しないで協力して、みんなが力いっぱい生きていくことができる、子どもと保護者のための保育園です。
  • すぎのこ福祉会では日本の豊かな子ども文化と食文化を大切にしています。そして子どもの知恵と心と体の発達に欠かせないあらゆる原体験を大切にして、ひとりひとりに時間をかけて成長を促しつつ、その成果を焦らずにじっくりと待ちます。
  • すぎのこ福祉会では日本の豊かな子ども文化と食文化を大切にしています。そして子どもの知恵と心と体の発達に欠かせないあらゆる原体験を大切にして、ひとりひとりに時間をかけて成長を促しつつ、その成果を焦らずにじっくりと待ちます。
  • 平成28年7月1日
    社会福祉法人すぎのこ福祉会 瀬川 謙二郎

TOP