感染症対応

感染症の対応について

 園児の症状の悪化をさせないため、他児への感染を広げないために、次のような状況がある場合は、登園を控えてください。

 なお、下痢、嘔吐、咳、発疹及びとびひについては、発熱の有無に関わらず、次の状況がある場合、保育園をお休みいただけますようお願いします。


発熱(発熱期間と同日の回復期間が必要です)

  • 朝から37.5度を超えた熱とともに元気が無く機嫌が悪い、食欲がなく朝食 ・水分が摂れていない
  • 24時間以内に解熱剤(内服又は坐薬)を使用している
  • 24時間以内に38度以上の熱がでていた
  • 24時間以内に痙攣予防のために、ダイアップ座薬を使用している
  • 平熱より1度以上高いとき(1歳以下の乳児の場合)

下痢

  • 24時間以内に2回以上の水様便がある
  • 食事や水分を摂ると下痢がある(1日4回以上の下痢)
  • 下痢に伴い、体温がいつもより高めである
  • 朝排尿が無い・機嫌が悪く、元気が無い
  • 顔色が悪くぐったりしている

嘔吐

  • 24時間以内に2回以上の嘔吐がある・嘔吐に伴い体温が高めである
  • 食欲が無く水分を欲しがらない・機嫌が悪く元気が無い
  • 顔色が悪くぐったりしている

  • 夜間しばしば咳の為に起きて、睡眠が十分とれていないとき
  • ゼイゼイ、ヒューヒューなど呼吸が苦しいとき
  • 37.5度以上の熱を伴っている・元気が無く機嫌が悪い
  • 食欲が無く昼食・水分が摂れない・少し動いただけで咳が出る

発疹

  • 発熱とともに発疹のあるとき
  • 今までになかった発疹が出て感染症が疑われ、医師より登園を控えるように指示されたとき
  • 口内炎のため食事や水分が摂れないとき

とびひ

  • 患部が広がりおおえないとき

なお、不明な点が有りましたら担任にご相談ください。

PAGE TOP